【実体験】子供の頃読みたかった本・小説や漫画・アニメ紹介します【実際に人生、変わりました】

  • 子供に読ませた方がいい本って何かあるのだろうか
  • 今後の息子(娘)の生き方に影響が出るような物語や本を知りたい

 

今、どんな物語や本に触れるかということは子供のこれからの価値観に直接影響します

 

これは間違いありません。幾度となく影響を受けてきた僕が断言します。

僕は高校生までにどんな本を読み、どんなものに感動するかによって「自分の根幹にある」価値観が作られていくと思っています。

 

僕の20年間の少ない人生経験を踏まえても、そう思うのです。

 

という訳で今回は、

  • この本、もっと子供の頃読んでおきたかった…
  • これは本当にいいアニメだった

という小説や本、漫画やアニメを紹介していこうと思います。

 

ちなみに僕はまだ子供は愚か結婚すらしてません。でも、今の自分を実際に振り返ってみて

「読んでおいてよかった」

という本や漫画だけを厳選してご紹介していきます

 

僕個人の実体験ベースなので実際に全員の価値観がひっくり返るかと言ったら個人差はあります。

が、決してエアプ(実際にやってないけどやった風に装うこと)はしないので精一杯、今の自分に伝えられるものを伝えたいと思います

・子供の頃読みたかった本・小説や漫画・アニメを「読んだ(観た)後自分がどう変わったか・感じたか」まで紹介
ではいこう!

家族や友達、仲間の大切さが身に染みるアニメ・漫画【人生変わった】

それではまず多くの人がとっつきやすいアニメ・漫画部門から!

家族や友達の大切さがよくわかるようになっています。

 

今回紹介するアニメは、この4作品!

  1. 聲の形
  2. SKET DANCE(スケットダンス)
  3. 君の膵臓をたべたい
  4. CLANNAD(クラナド)

急に息子が優しくなったら、これらのアニメを観たのが原因かも?

聲の形

子供の本・アニメ・漫画・小説 聲の形

退屈を何よりも嫌う少年・石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生としてやってきた、ろうあの少女・西宮硝子へ無邪気な好奇心を抱く。それ以来、退屈から解放された将也だったが、硝子とのある出来事をきっかけに彼は周囲から孤立してしまう。

あらすじの「ろうあの少女」の“聾唖(ろうあ)”というのは、難聴で耳が聞こえなく・言葉を話すのも難しい状態だそうです

 

「聲の形」は難聴の少女・硝子と、いじめっこ少年・将也の物語。

最初は硝子を複数人で取り囲んでいじめていた将也が、ある日を境に逆に周りからいじめられるようになります。(その時には硝子は転校)

 

そして将也はいじめられ孤立する立場になって初めて、自分のやった過ちに気付きます。

 

そして時は経ち数年後、2人は高校生になりひょんなことで再開。

(周りの声を聴きたくない・顔を見れない)耳が聞こえても塞ぎたい主人公と、みんなの声を聴きたくても聴けないヒロインとの物語が始まります

 

いじめについて深く考えさせられる内容の物語。正直これは

  • 実際に直接いじめに関わった人
  • 直接いじめには関わってないけど知らんぷり(勇気が無くて声を出せなかった)した経験がある人

どちらの立場の人にも感じるものがあるかなぁ、と思っています

 

ぶっちゃけると、僕は嫌がらせをしたことある立場と止めたことある立場、さらにクラスで孤立した立場全て経験したことがあるのでかなり刺さりました。

「聲の形」を観た人の感想

SKET DANCE(スケットダンス)

子供の本・アニメ・漫画・小説 SKET DANCE(スケットダンス)

正直これは僕が一番影響を受けたアニメSKET DANCE(スケットダンス)。

「どうして他人のためにそこまで…」と言われる程にいつも誰かのために頑張ってる主人公やスケット団の仲間たち。

その決意の裏に秘められた壮絶な過去・記憶。

 

思春期まっただ中の多感な悩みに「無理に変わらなくても、今のままでも良いんだよ」と、背中を押したり。

ある時は「もっと前向け!」とケツ叩いたりする様が、めちゃくちゃかっこいい。

 

残念ながらアニメ化されなかった話も漫画版ではあるので、是非とも漫画を読んで欲しいところ。

でもアニメもかなり良いからオススメ

関連記事

スケットダンスのスイッチオンを無料で読む方法無いかな アニメでスイッチオフを読んだらスイッチオンも読みたくなった!!そこだけでいいから読みたい スケットダンスでスイッチの重い過去を描いた回“スイッチオ[…]

スケットダンスのスイッチオンは何巻?無料で読む方法まで紹介【28巻スイッチの過去ネタバレ】

https://tsubakiwriting.com/switch-on/

 

関連記事

スケットダンスは僕の人生を変えてくれた漫画の一つです。というか、僕が幼い頃に最も影響を受けた漫画でした。 普段は頼りないのにいざという時に泥臭く表れるヒーローになるボッスンが、僕にとっての強い憧れとなりました[…]

【答辞ネタバレ】スケットダンス最終回、スイッチが喋った!!この感動を分かち合いたい

https://tsubakiwriting.com/sketdance-final/

SKET DANCE(スケットダンス)を観た人の感想

君の膵臓をたべたい

子供の本・アニメ・漫画・小説 君の膵臓をたべたい

他人に興味を持たず、ひとりで本を読んでいる高校生の「僕」は、病院の待合室で手書きの『共病文庫』と題された文庫本を拾う。その本は、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かに綴った日記帳だった。桜良は膵臓の病気で余命いくばくもないことを告げる。

小説が270万部の売り上げ記録、アニメ映画化に実写映画化まで大ヒットを記録した「君の膵臓をたべたい」。

 

最近になって初めてアニメ映画見たけど、感動した。これ、実際に高校生の時とかに見たら色んな意味で悶え死にそう

もうこれは細かいことはいい。見たら「身近にいる人を大切にしたくなるアニメ」。

 

時間は有限だぞと。もう大切な人に会えるのはこれが最後かもしれないぞと。強烈に訴えかけてくる作品。

 

実はまだアニメ映画しか見てない。小説買うつもり

「君の膵臓をたべたい」を観た人の感想

CLANNAD(クラナド)

子供の本・アニメ・漫画・小説 CLANNAD(クラナド)

波乱万丈の1学期を終え、つきあいだした智也と渚。幸せな日々を送るが、ふたりは未だに手も繋げずにいた。そんな様子を見かねて、春原の妹である芽衣が渚の背中を押す。しかし、思惑通りにことは運ばず、明らかに不審な様子の渚に、智也は…。

これは僕が小説やアニメで一番泣いた作品CLANNAD(クラナド)。もはや目が滝になりました

「絵が気に入らん」とか言うんじゃない。そんなもんすぐ慣れるから。

  • CLANNADは人生
  • 見てないやつは人生半分損してる

なんて言われてるアニメですが、100人観たうちたった1人にでもこう言わせるってかなりすごくないですか?(しかも100人に1人どころじゃない)

 

これまでの「家族」という価値観に強烈に訴えかけてくるアニメ。

\3分で登録できる/


31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

CLANNAD(クラナド)を観た人の感想

子供の頃に読めて良かった本・小説

子供のころに読めて良かった本や小説を紹介していきます。

今回紹介するのは、この6冊!

  1. 1リットルの涙
  2. 命のハードル
  3. 嫌われる勇気
  4. 幸せになる勇気
  5. 君たちはどう生きるか
  6. 覚悟の磨き方

「活字が苦手…」という人も増えていますが、学校の読書本にするのもオススメです。

1リットルの涙

「1リットルの涙」は脊髄小脳変性症(SCD)という難病を発症した少女の物語。

 

SCDに共通する症状は小脳性運動失調(小脳失調)です。小脳失調とは複数の筋肉をバランスよく協調させて動かすことができなくなることで、具体的には箸を使う、字を書くなどの細かい動きがしにくい、ふらついて歩きにくい、呂律が回らず言葉が滑らかに出ない、などの症状が出ます。小脳失調の他に比較的、共通して出やすい症状として、排尿障害や便秘などの自律神経障害があげられます。

https://agmc.hyogo.jp/nanbyo/ncurable_disease/disease03.html

 

進行するにつれて体の筋肉が自由に動かせなくなっていく…そんな病気です。

 

少女が21歳まで書いていた日記を元に作られたため、実話となっています

 

この本は15歳という若さで不治の病に罹ってしまった少女の壮絶な苦悩や葛藤が描かれているもので、人によってさまざまな受け取り方があると思います。

 

僕はこれを読んで

  • 今何となく生きてるけど、このままでいいのだろうか
  • 自分と同じくらいの年齢なのに想像もつかないくらい大変な生活を送っている人がいる。
  • 病気というのは突然やってきて、音もなくその人の「これまで」を全て奪っていくものなのか
  • もっと自分は、今のうちにやっておくべきことがあるんじゃないか

難病抱えながらも一生懸命生きようとする少女の姿に、そんなことを感じました。

 

この本は、ドラマ化もしているので見たことがあるという人も居るのではないでしょうか

「1リットルの涙」を読んだ(観た)人の感想

いのちのハードル

「いのちのハードル」は上で紹介した「1リットルの涙」の少女の母の書いた手記を元に作った本です。

1リットルの涙と合わせて2人の視点から物語を読むことができます。

 

まずは「1リットルの涙」を読んでみて、興味があったらこちらも読んでみてください

「いのちのハードル」を読んだ人の感想

嫌われる勇気

「嫌われる勇気」は人によっては人生が変わるといってもいいほどの名著です。

「アドラー心理学」を元にめちゃくちゃ分かりやすく書かれた本で、現代を生きる私たちが生きやすくなるヒントが詰まっています。

 

僕はこの本に救われたといってもいいほど、強く影響を受けました。本を読む前と後では、世界が違って見えました。

 

世界はどこまでもシンプルである

これがこの本の一番最初に掲げられたテーマです。

 

「あ、これ小難しいやつだ…」なんて読む前は思うかもしれません。

が、実際は【アドラー心理学を分かっている哲人 V.S 現代の悩める青年(読者と同じ状態の人)】の対話形式になっていてめちゃくちゃ分かりやすいです。

 

もう青年とか「ありえません!そんな議論はオカルトです!」とか言い放っちゃうから。俺らの心の代弁者だよ彼は

 

  • 抱える必要のない苦悩を抱えてはいないか
  • 人間関係や人生観を難しく考えすぎではないか

これらに「なんで?」と思う人はオーディブル版もあるので、ぜひ読んで(聴いて)みてはいかがでしょうか

「嫌われる勇気」を読んだ(聴いた)人の感想

幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の青年と哲人の対談から3年の月日が経ち、またもや哲人の書斎を訪れた青年。

「アドラー心理学はペテンだ」そう言い放つ青年と哲人の対話がまた始まります。

 

「嫌われる勇気」の続きをもっと読みたい、もっと知りたいという人にオススメな本です。

「幸せになる勇気」を読んだ人の感想

君たちはどう生きるか

小説版

漫画版

「君たちはどう生きるか」は主人公のコペル君いじめや貧困、勇気など、時代が変わっても多くの人の関心を寄せてきたテーマについて学び、考えていくという本です。

 

形が無く、明確な答えも決まっていないテーマなだけに、これらの問題を実際に目の当たりにした時コペル君は「どうするのが良いのだろう…」と頭を抱えます。

 

前述した通り、「いじめや貧困といった問題」とのかかわり方に、してはいけないことはあれど確実に解決できる方法はありません。

 

しかし、「どう向き合っていったら、どう考えていけばいいのか」という方向性について考えさせられる本です。

 

一度は読んでおいて損はない、累計210万部突破した大ベストセラーです

漫画版と小説版があるので、読みやすい方を買ってみるといいでしょう

「君たちはどう生きるか」を読んだ人の感想

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰

「覚悟の磨き方」は吉田松陰の教えや考え方を分かりやすくまとめた本で、僕の一番の愛読書です。

「あ、絶対小難しい本だ」とパッ見思ってしまいますが、全然そんなことないです。

 

一つの考え方・言葉ごとに1~2ページでまとめられていて、1ページ当たりのボリュームもそんなにありません。

例えば、1つ例を挙げると

MIND008

「何を選ぶか、どう選ぶか」

自分にとっての利益。これをなるべく増やそう、残そうとすればするほど、判断基準がぶれ、迷いが生まれます。

反対に、自分の利益さえ一番後回しにできるなら、やろうがやるまいが、どれを選ぼうとも、物事は気持ちよく進んでいくものなのです。

自分のことを考えると、かえって自分のためになりません。

たったこれだけ。こんな感じで176種類の教えを知ることができます

ちなみに僕が好きなページの一つはこんな感じ。

MIND4

「懇願」

お願いです。本当にお願いですから

たった1回負けたくらいで、やめないでください

めちゃくちゃ短い。でも、これを見ると頑張ろうって思える

 

1冊の本というよりは図鑑のような使い方ができるので、自分の気に入ったページを後から読み返すのがオススメです。

 

鎖国中であった日本に、突然鳴り響く轟音。ペリーが開国を迫るため、威嚇や警告を兼ねて大砲を数発、試し打ちしたのです。

「刀で大砲に勝てるわけがない」人々はパニックに陥り、絶望に明け暮れました。

が、たった一人、ペリーどもをどうやって出し抜いてやろうか虎視眈々と考えている男がいました。

 

その男が吉田松陰です。しかし、その吉田松陰も実際の黒船の大砲を見たとたん「これは勝てない」と確信しました。

 

ここからが吉田松陰のめちゃくちゃすごいところ。

勝てないと確信するが否や即座に思考を切り替え、次に黒船が来たときにはなんと暗く青い海を小舟を一人でこいで黒船に乗り込んだのです。

 

そして彼は言いました「西洋の文化について学ばせてほしい」

鎖国中の日本にとって、西洋の文化に触れることは愚か、黒船の中に侵入するだけでも重罪です。

 

それでも吉田松陰は「勝てない」と確信したその瞬間から思考を切り替え、「勝てないなら、いっそ学ばせてもらおう」と命を賭して行動に出たのです

 

この本はそんなぶっとんだ思想と行動力の持ち主、吉田松陰の情緒豊かな教えをまとめた本になっています

「覚悟の磨き方」を読んだ人の感想

まとめ

今回のまとめ

 

アニメ・漫画部門

  1. 聲の形
  2. SKET DANCE(スケットダンス)
  3. 君の膵臓をたべたい
  4. CLANNAD(クラナド)

本・小説部門

  1. 1リットルの涙
  2. 命のハードル
  3. 嫌われる勇気
  4. 幸せになる勇気
  5. 君たちはどう生きるか
  6. 覚悟の磨き方

まとめてみて初めて、こんなにもたくさんの名作に出会えていたのかと自分で驚きました。

「人の考え方」や、考え方や人の苦悩や葛藤を描かれた「物語」には、時に人生を変える程の威力を持ちます。

 

僕は、20までにこれらの名作たちと出会えて本当によかった。そう思います。

 

では今回はこの辺で!ではさらばっ

【実体験】子供の頃読みたかった本・小説や漫画・アニメ紹介します【実際に人生、変わりました】
ツバキのTwitterをチェック!