人間関係だるい!友達とうまくいかない!って時は縁を切るのもアリ

人間関係だるい!友達とうまくいかない…と思ったら縁を切ろう!

川辺で話し合う男女

 

どうも、ツバキです。

 

人間関係って絶望的にめんどくさいですよね。もうだるい。

 

「もう全てのしがらみから解放されて生きていきたい!それは怖い。怖いけど。

 

といった思いをお持ちの方は意外に多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんなことでいつまで経っても誰かの不満を頭に抱えながら生活するのもかなりしんどいと思います。

 

僕なんかね、もう人間関係に悩んでいたころは

「もういっそ全裸でジャングルに住んだっていい!人類文明なんて全て後退していって自然に暮らそうぜ!」

 

なんて思ったりしました。嘘です。

 

でも実際人類が全て猿に戻ったって人間は群れを成して、その中でも人間関係という悩みは付きまとうのでしょう。

 

「じゃあ無理じゃないか!」と半ば諦めた方。そうです、人間関係はどこに行っても付きまとうものなのです。

 

でもそんな煩わしい人間関係を限りなく0にする方法ならあります。関わりたくない相手とは、必要最低限しか関わらなくてもいいのです。

 

どうして厄介な人とわざわざ付き合うのか(元イエスマンの体験談)

街中で一緒にいる男女

  • その人と仲良くしておかないとグループから見放されてしまう…
  • 上司だから断れない…
  • 人に「NO」というのが苦手

 

恐らく人間関係でずっと悩んでいる方はこのような思いを持っていることでしょう。

 

僕も「グループから外れたくないし人にNOというのが苦手、社会人になっても上司の言うことは絶対」

 

というタイプでした。(全部)

 

しかも「優しい人になりたい」なんて目標を掲げてたのですが、一生懸命人の願いなどを叶えようと頑張っていて結果たどり着いたのは

「イエスマン」でした。

 

なかなか人に意見するのも苦手で、とにかく毎日毎日その日の自分の居場所を作るので精一杯でした。

 

でも、ある日思ったんです。

「これって本当の友達なんかな?ただ振り回されてカモにされてるだけじゃ…」

 

それで思い切って周りの要望に対して、無理なことや嫌なことは「無理なもんは無理だ」と、断るようにしてみたんです。

 

すると、周りの人は今までよりは僕に対して気軽に接してこなくなったんです。

 

「えぇ!?嫌われてんじゃん」と思うかもしれませんが、少し違います。

ただ僕がそれだけ「都合のいい人」だっただけで、「本当の」友達なんてもともと少なかったんですね。

 

実は、僕はこの時むしろ清々しい気持ちで一杯でした。

ツバキ
「やっふぅぅぅぅぅぅぅううう俺にも自由がやってきたぜ!!!!」

 

今まで一日使って悩んでいたような余計なしがらみに、捕らわれることが無くなったのだから。

 

人に振り回されて奪われるのは「その時の時間」だけじゃない!

自然の中で話し合う男女

 

今まで(もしくは今現在)のご自身の記憶と合わせて考えてみてください。

 

たった一人のわがままな行動で、あなたは家に帰ってもそのことを蒸し返してイライラしてしまったりしていませんか?

 

そうしたら、奪われるのはもう「わがままを聞いているその時の時間」だけでは無いですよね。

 

その人と離れた場所にいてもその人の顔が頭に浮かんであなた自身が本来楽しめ、リラックスできる時間まで楽しめないものになってしまっているのです。

 

それを発散するために愚痴を裏で言って、またため込んで…の繰り返しになってしまっては明らかに悪循環です。

 

上司との飲み会が嫌なら思い切って断るとか、行きたくない人の誘いは断るとか、思い切って行動してみてはどうでしょうか。

 

悩んでいることがあるなら、まず解決を「やってみる」ことが大切です。

ずっと悩んでも何も変わらないですし、無理そうだったら戻ればいいのです。

 

いくつかやっているうちに、大きな変化はないまでも少しずつ今までとは違った景色が見えてきます。

 

少なくとも、僕はこのおかげで生きるのが楽しくなりました。

 

人生の選択肢が増えた気がして、開放的な毎日を送れるようになりました。

 

「断る」ことがやりづらいという人は、「一人になるのが怖い人」なのかもしれません。

 

「一人になってもいいや」と思えることができるようになれば、他人からどう思われてもあまり気にしなくなることができます。

 

それについては、以前の記事に書いたので良ければ読んでみてください。

 

結局は楽しく生きることができれば何でもいい

キャンプする親し気な男女

結局は楽しく生きられればそれでいいよねって話です。

 

持たなくてもいいしがらみ抱えて疲弊するくらいなら、たった一度の人生謳歌したいですよね。

 

人に迷惑を掛けないことだったらなんでもいいと思いますよ。

 

思い切って海外行ってみるとかだけでもかなり世界が変わると思います。(僕は行ったことないけど)

 

一つの世界にいるとそこの価値観の基準が当たり前になってしまうんですよね。

 

つまり、知っている世界が多いければ多いほど、多くの物を受け入れられるようになるのかもしれません。

 

日本は時間にかなり厳しいですが、海外に一歩出ると遅刻が普通だったりとかもあるでしょう。

 

もちろん遅れないに越したことは無いですが、遅れるのが普通の世界に触れておくとそれだけ世界を知って、価値観の器が広がります。

 

僕もいつか海外行ってみたいぞ!!

1人で荒野を歩く男性
ツバキのTwitterをチェック!